喉の検診を受けている白人
HIV検査?匿名希望です! > HIV検査では喉への検診も行なわれます

HIV検査では喉への検診も行なわれます

喉の検診を受けている白人

性感染症の1つにHIVがあります。
HIVは、正式名称はヒト免疫不全ウイウスのことを意味し、感染をすることでエイズを発症することが知られています。
特徴として、発症をするまでに長い期間を要することがあり、個人によっても違いはあるものの、およそ5年~10年と言われています。

HIVに感染をすることによって、半数以上の人は初期症状を自覚するようになります。
通常、感染から2~4週間程度で現れることが認められており、それは風による症状と非常に似かよっています。
症状としては様々な内容があり、中でも、発熱やリンパ節の腫れ、咽頭炎などは発症率が高く、それぞれに、96%、74%、70%と高い数字となっています。
そのためにHIV検査では、喉の検診も行なわれることになり、感染が疑わしい場合には、正確な方法として抗体検査を受けることになります。

抗体検査は、HIV検査としては一般的な方法となり、信頼性の高い方法として広く利用されています。
但し、人体において血液中にHIVの抗体が作られ始めるのは感染から1ヵ月後あたりからとされています。
そのために、確実に判明することができるのは、感染から3ヵ月経過後程度が適しており、早い時期に受けて陰性の場合には、再度受けることで、より正確な結果を知ることができるようになります。

HIV検査では、他に、NAT検査と呼ばれる方法があります。
特徴としては、感染から2~3週間程度で検査が可能となる点があり、抗体検査よりは10日ほど早く受けることができるようになっています。
検査には、他に自己検査キットを利用して行う方法もありますが、この場合には日本で認可されているものはなく、使用をするには個人入によって入手をする必要があります。