輸血パック
HIV検査?匿名希望です! > 献血でのHIV検査陽性で血液の見分け方は無い

献血でのHIV検査陽性で血液の見分け方は無い

輸血パック

献血というのは、血液センターですることもできます。
また会社や研修所、大型スーパーなどに専用のバスが来て、献血者を募っているのを見たことがあるでしょう。
病気のために血液を必要とするのために、血液を寄付してもらい血液センターでストックしておくのです。
そしてもしも病院から血液が必要だと依頼があれば、そのストックの中から血液を病院に送ります。
そして治療に役立てるのです。

血液というのは、体内に直接入れる物なので、献血の際には、非常に厳しく感染症の有無をチェックされます。
その方法は、まずは献血者の問診を取って、自分で感染を自覚しているものがあるかどうかを記入しなくてはいけません。
この時に自分が何らかの感染症、例えばHBV、HCB、HIVがあるとわかっていれば、その時点で献血をすることはできません。
しかし自分が知らないうちに感染していることもありえます。
その場合、HIV検査などを受けたことが無ければ自分自身が陽性であるかどうかも知ることはありません。
そのために献血が出来ると判断され成分献血などが行われるのです。

もし感染をしている場合でもその血液を見て感染しているかどうかは見分け方はありません。
そのためにあらかじめ全員採血を取って先に感染症の検査を行っているのです。
そしてもしもその検査で陽性が確認されるとその血液は使用されることはありません。
検査の内容には、感染症だけでなく、血糖値やコレステロール値なども同時に調べていて、あとで通知が来ます。
そのためにもしも検査で引っかかって陽性となって入れば、個別に連絡が来て病院を受診し、早急にHIV検査をすることを促されます。